ドリーム24が「中小企業経営力強化支援法」の国家認定機関になりました

平成24年8月30日(木)に施工された「中小企業経営強化支援法」について、税理士法人Dream24が経営革新等支援機関として政府より認定されることとなりました。

正式な発表につきましては、11月5日の夕方、中小企業庁及び関東経済産業局のHP、プレス等で行われる予定です。

当法人におきましては、国家の認定支援機関となったことで、中小企業の経営サポートをより強固にしてまいります。

「中小企業経営力強化支援法」とは?

中小企業の経営課題は、多様化・複雑化しています。
そのため、財務及び会計等の専門的知識を有する者(金融機関、税理士・税理士法人等)による支援事業を通じ、課題解決の鍵を握る事業計画の策定等を行い、中小企業の経営力を強化することが急務となっています。

そこで、中小企業の経営力の強化を図るため、

1.中小企業の支援事業を行う者を認定し、その活動を後押しするための措置、及び
2.中小企業の海外展開を促進するため、中小企業の海外子会社の資金調達を円滑化するための措置

を「中小企業強化支援法」により講じることになりました。

→中小企業経営力強化支援法の概要についてはこちら

TKC経営支援セミナー2012 開催決定! 11月22日(木)15:00~

TKC経営支援セミナー2012~不況でも中小企業が業績アップするための秘訣~ を開催します。

日時 平成24年11月22日(木) 15:00~20:00(交流会含む)
会場 税理士法人Dream24  セミナールーム
講師 税理士法人Dream24 代表社員・税理士 久野 賢一朗
講師 株式会社アースリンク 代表取締役社長 宮下 慶太
参加費 無料
定員 20名
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます

主な内容

1.めざせ自立型経営!財務経営力の強化で自社の業績をあげろ! (15:00~)

  • 厳しい外部環境の中で力強く存続する企業になるためには
  • 自社を数字で語れる経営者
  • 「月次経営チェックノート」の利用で業績アップ 他

2.3年間で顧客数を3倍にした驚異のテレマーケティング手法 (16:30~)

  • 下請けから元請けビジネスへのシフト
  • テレアポによる新規開拓方法の模索
  • 競争せずして勝てる先はどこ? 他

3.交流会 (18:00~)

  • お飲み物と軽食をご用意いたします。

昨年の様子

担当者から一言

この厳しい経済環境において企業が存続・発展するためには、金融機関などの利害関係者に対して、自らの財務情報に基づき自社を説明することが求められる時代が間近に迫ってきています。

第一部では、
社長・経営者の方が自社の財務情報を自ら管理・改善するには、具体的にどうすべきなのか、「月次経営チェックノート」を用いて具体的な手法を見てまいります。

第二部では、
「経営革新」 の一環として、新規顧客獲得手段としての「テレマーケティング」について、実際の事例を交えながらご紹介いたします。

経営者及び経営幹部のみなさまには、是非ご出席をいただき、どのような環境変化にも対応できる強い会社づくりにご活用いただきたく、ご案内申し上げます。

お申込み・お問い合わせは

実施要項・受講申込書(PDF)にご記入の上、FAXいただくか

03−5675−0831 関口・湯浅までお電話ください

社会福祉法人新会計基準対応セミナーを開催します(平成24年10月~11月)

社会福祉法人新会計基準移行対応セミナーを開催します。

日時 第1回 平成24年10月31日(水) 15:00~17:00
第2回 平成24年11月26日(月) 15:00~17:00
(同内容となりますので、どちらかご都合の良い日程にお申込みください)
会場 税理士法人Dream24 セミナールーム(東京メトロ東西線西葛西駅徒歩30秒)
定員 10名
講師 税理士法人Dream24 保育園監査課
参加費 1,000円(税込み) (資料代として)

主な内容

1.新会計基準の概要

2.新会計の区分と財務諸表等、勘定科目

3.現行会計処理からの変更点

4.いつ、何を、どのように移行していけばよいのか

担当者から一言

皆様もご存知の通り、平成27年度予算から新社会福祉法人会計基準の導入が
必須となりました。この新会計基準は全ての社会福祉法人が適用対象となり、
社会福祉法人が行う全事業に適用されます。

この移行にどう対応していくべきか、
実際に何をしなくてはいけないのか、分かりやすく、丁寧に、ご説明いたします。
アットホームな感じのセミナーですので、お気軽にご参加ください。

新会計基準の移行実務について、一緒に考えて行きましょう!

過去の参加者の声

過去にご参加いただいた皆様のアンケート結果を一部ご紹介いたします。

お申込み・お問い合わせは

社会福祉法人新会計基準対応セミナー受講申込書(pdf)にご記入の上、FAXいただくか
お電話またはメールフォームから受け付けております。

第6回「夏休みキッズ・ビジネススクール in えどがわ」実施レポート

起業から販売、決算まで会社経営を一日間で疑似体験する経済教室「第6回 夏休みキッズ・ビジネススクールinえどがわ」が2012年8月4日に東京都江戸川区内で開かれ、無事開催・終了をすることができました。

小学5・6年生12人がビジネスに挑戦!本物の銀行員を相手に融資交渉

参加した子供たちは午前中に4人一組で3つの会社を設立し事業計画書を作成。本物の銀行の方を相手に、事業計画を説明し資金を借入れました。

お客様に喜んで買ってもらえ、かつ利益をだせる価格をいくらに設定すれば良いか、悩みどころでした。どの会社も一度で借入れることは出来ず苦戦しておりましたが、無事に資金調達できました。

オリジナル商品を手に、商店街で実際に販売…そして完売御礼!

午後からはタオルやぬいぐるみ、缶詰などの商材を仕入れてオリジナル商品を作り、実際に小島町二丁目団地商店街の店頭で販売を行いました。

猛暑と突然の雨にも負けず、子供たちが元気よく「いらっしゃいませー」と買い物客を呼び込むと、3社の商品は1時間弱で見事に完売し、決算も全社黒字となりました。

生まれて初めてのお給料

販売後会社に残ったお金から銀行に借入金を返済し、税務署に法人税(利益の10%)を納めました。納税後の最終利益は、会社ごとに均等に分けられ、社長からメンバーに給料袋が手渡されました。

子供たちは生まれて初めてもらった給料の中から、それぞれが決めた金額の募金をしました。

修了~一日を通して

最後に修了証書を手にした子供たちは「初めは緊張してよく分からなかったけど、だんだん慣れて仲間もできて、協力してやることができて楽しかった」「全部売れるかドキドキした」「お金を稼ぐという貴重な体験ができてよかった」と達成感に満ちた顔で語っていました。

子供たちが実際の商売を体験することによって、世の中の経済の仕組みやお金の大切さを理解するとともに、チャレンジする心や自主性、協調性、仲間と協力して仕事をすることの達成感などを養ってもらうことができました。また私たち職員にとっても、いろいろな発見や勉強の場でありました。是非来年も実施したいと思っています。

今回、子供たちから寄付として集めた532円と各社から納税した額を合わせ、2,310円を、日本赤十字社を通して、東北地方太平洋沖地震義援金に募金いたしました。

関連情報

第6回「夏休みキッズ・ビジネススクール in えどがわ」 8月4日(土) 開催決定!

※無事終了しました!実施レポートはこちらです。

第4回キッズ・ビジネススクール in えどがわ

税理士法人Dream24(ドリーム24)では毎年恒例の夏休みイベント「キッズ・ビジネススクール in えどがわ」を8月4日(土)に開催いたします。

「キッズ・ビジネススクール in えどがわ」は小学校5・6年生を対象に税理士法人Dream24とこどもと社会をつなぐ「NPO法人キッズドア」が、地域貢献活動の一環として共同で開催する経済教室です。「今年の夏は社長にチャレンジ!」と題して子どもたちが実際に会社づくりや出店・販売の体験を通じて、お金や商売のこと、経済、社会、仕事などについて、楽しく学べる内容のプログラムです。

税理士法人Dream24(ドリーム24)には「私たちは、会計を通じて、かかわるすべての人が幸せになるよう挑戦します。」という理念があります。「私たちは地域に何ができるのか」を考えたとき、明日を担う子どもたちに、職業会計人として経済教育、道徳教育ができるのではないかとの声が若手スタッフから上がり、経済教室の企画が始まりました。

単なるお金儲けの方法や社長養成講座ではありません

今年で6回目となるこのプログラムは、当事務所とキッズドアのスタッフが子どもたちの活動をサポートします。単なるお金儲けの方法や社長養成講座ではありません。1日間ではありますが、子どもたちが実際に会社づくりや出店・販売の体験を通じて、“失敗を恐れずチャレンジする力”、”自分のアイデアを周りの人に伝える力”などの「生きる力」を身につけるとともに、正しい職業観、人生観を育む内容となっています。

子ども達が会社をつくって、仕入れ、商品開発、販売を実践!経済や仕事、社会の仕組みを楽しみながら体験できる!

「キッズ・ビジネススクール in えどがわ」では、参加した子ども達自身が5~6人で会社を作って、みんなで協力し合ってビジネスにチャレンジします。どんな会社をつくるのか?銀行からお金を借りるにはどうすればいいのか?売れる商品を企画したり、広告するにはどうすればいいのか? 実際に販売をし、税金や給料を払ったりと、お金や商売のこと、経済、社会、仕事などを実際に体験することで楽しみながら社会や経済の仕組みを体感することができます。

「会社ってどうやってお金を稼いでいるのかな?」「大人って会社で何をやっているのかな?」など子ども達が普段何気なく感じている疑問に自らが答えを導き出す実践体験型イベントです。

是非この機会に「キッズ・ビジネススクール in えどがわ」にご参加下さい。

※定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

予定されるプログラム(お店づくりの流れ)

1時限:会社をつくる、商品のアイデアを出す
2時限:計画をたてる、銀行からお金をかりる
3時限:必要な材料を仕入れる、商品を製造する、広告をつくる

4時限:広告ポスターをはる、出店準備をする、販売する
5時限:計算をする、お金を返す、税金を払う、給与をもらう

募集要領

日時 平成24年8月4日(土)午前9時から午後5時30分まで
会場 ドリーム24セミナールーム〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル7階
※東京メトロ 東西線 西葛西駅 徒歩30 秒
※当日の午後、小島町二丁目団地商店街にて、1時間の販売体験を行います。
対象者 小学校5年生・6年生
参加資格
  • 時間を守ることができて、元気なあいさつができる人
  • 自分勝手な行動を取らず、人と協力してチームプレーができる人
  • お金や商売、経済、社会、仕事について、正しい知識を身につけたい人
  • ビジネスや経済活動を通じて、世の中の役に立つ人間になりたい人
  • 夢に向かって努力することができる人
募集人数 16名
応募締切 平成24年7月24日(火) (最少遂行人員:10名)
参加費用 2,000 円(資料代・郵送費・会場費・傷害保険代等)
注意事項 当日は現地集合となります。会場までの送迎については本人と保護者の方でお願 いします。参加費に昼食は含まれておりません。※当日、マスコミ等の取材が入る可能性があります。
申込方法 Eメール・FAX・郵送のいずれかにてお申し込みください。FAX・郵送の場合は、別紙「参加申込書」をお送りください。Eメールの場合は

  1. 参加希望者お名前
  2. 保護者お名前
  3. ご住所
  4. 電話番号
  5. FAX 番号
  6. Eメールアドレス(携帯メー ルは不可)
  7. 学校名
  8. 学年
  9. 性別
  10. 応募理由(本人の言葉)
  11. 「ドリーム24の 個人情報の取扱い方法について同意する」旨をご記入の上お申し込み下さい。

※受講者には受講票等をお送りいたします。

申込書 申込書及び「第6回キッズ・ビジネススクール in えどがわ」説明用資料(PDF)
申込先 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル7階税理士法人ドリーム24内 「キッズ・ビジネススクール」事務局 宛

電話:03-5675-0831 FAX:03-5675-0832

Eメール:info@hisanokaikei.jp

※ ご不明な点・ご質問はお気軽にEメールまたはお電話でお問い合わせください。

※本プログラムは、経済産業省関東経済産業局が過去に実施した起業家教育普及事業のプログラム(PDF)をモデルとして構成しています。

主催
税理士法人ドリーム24(略称:ひさの会計)
NPO法人キッズドア

協力
小島町二丁目団地店舗会、(株)三菱東京UFJ銀行葛西支店、(株)TKC 首都圏東SCG サービスセンター、大同生命保険㈱東京東TKC 企業保険支社、(株)セルフウイング

関連情報

更新情報トップ